« 猫を轢きそうになって大悲鳴 | Main | タバコを踏んで、キャイ〜ン! »

Apr 05, 2004

かなりショボショボです

わたくし、かなりショボショボです。
昨日の夜に姑から無理矢理「お茶とお花を教えるから、うちに習いに来なさい」と言われてしまった。(注:姑はお茶とお花の先生)
返事をはっきりしないでうやむやにしていたら、最後には「お茶とお花をしなきゃ、ダメなの!」と駄々こね状態。

うーーん。興味がないことを無理矢理やらされることほど、ツライものはない。
私の場合は喰わず嫌いじゃなく、一度やってみて自分には合わない、興味がない、と判断したんだけどな。。
興味があって自分からやりたい!と思っているコトだったら、人から言われなくたってススんでやるけど。
けど、なんで海外行くからって理由でお茶とお花をしなきゃならないんだーー!?
日本人の女としての、タシナミなのかなぁ??? みんな、そうなの?ホントにそうなの??

しかも、その際に何気にかなり暴言吐かれたんだけど・・(^_^;;
今までも何度か暴言吐かれたことがあったけど、いずれもツトム犬がいないときに、言われる。
今度もツトム犬が5月にいなくなったら、なんだかんだと言われるんだろうな・・。
ちなみに、私がこの歳(どの歳?)まで子供を産まないのは、姑にある事を言われたからであーる!(姑は気づいていないのかもしれないけど・・絶対にココでは産まない!と天に向かって誓ってしまうほど怒ったことが、あった)

今、かなりナーバス状態に陥ってます。

« 猫を轢きそうになって大悲鳴 | Main | タバコを踏んで、キャイ〜ン! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

うう~~たいへんですね~~・・・
イギリスに行って離れてしまえば、きっとそういう感情的なアタックは減ってくると思います!息子さんが遠くにいかれることになって、さびしさとあいまって、「何か役に立たなくちゃ!」っていう、ちょっとした興奮状態になってしまわれてるのかもしれませんね・・・。
しかしまあ、とかくヨメには小言?注文?を言わなくちゃっ、ていうこの暗黙の流れ、ほんとにイライラきますよね。特に子供の話。私たちもまだ子供の予定がないので、あまりいろいろ言われると、なんとなく「親のために作らなきゃいけないもの」みたいに感じられて、よけい重ーく感じちゃいます。
ところで、イギリスでお茶お花が必要、っていう情報自体、ちょっと古くなってる可能性、ないでしょうか?というのは、私も、着物もっていったほうがいいとかお茶の会がある、とかいう情報を、夫の会社の、駐在妻対象の集まりでいただいたのですが、それは全然間違いだったので・・・。それを教えてくれた方自身、アメリカとか東南アジアとか、何年も駐妻経験があるそうでしたが・・。会社とか、都市、時代によって、だいぶ違ってくるみたいです。
時代のちがいっていう意味だと、今、駐在妻している人って実はそんなに奥様、奥様している人って少ないと思うんです。私も、こちらで知り合った駐在妻仲間も、お茶とかお花なんて、ちょっとかじった経験があれば多いほうです。だって日本にいる間は普通の(?)主婦、というか女の子なのに、海外に行ったら急にお茶、お花なんてちょっと、不自然ですよね・・・。
でも、奥さん同士の集まりは、ちょっと(結構)気を使いますが、日本食材とか、おいしいレストランとか、情報交換できたりして役に立つ面もあるので、うまく活用できるといいですね。
いま現在、転勤先にいらっしゃる方のお話をうかがえるといいですね。だんなさまが先にお引越しされるのなら、前もって現地の様子を確認していただけますね。以下URLも役に立つかもです。(ご存知かもしれませんが)
http://www.tentsuma.com/
お義母様には、「他にも準備することがたくさんあって忙しいから、お茶・お花は、実際必要かどうかがはっきりしてからはじめたい」っていう感じでかわせるといいですね・・ほとぼりがさめたら。
がんばってください!

あーん!めほんちさーん!
色々とどうもありがとうございます〜〜!
面白そうなサイトを教えて下さってありがとうです。
これからじっくり見てみます。

>お茶・お花は、実際必要かどうかがはっきりしてからはじめたい」っていう感じでかわせるといいですね

私もね、このこと言ったんです。
だけどダメでした。「お茶とお花はやらなきゃ!」の一点張りで。
「お客様がいらしたときに、お茶を立てられたらいいのよ〜。喜ばれるのよ〜」って言われるのですが、普通に急須でお茶を入れたらいかんのかー?!と叫びたくなるのをグッと堪えてます。
私はソレ用のお茶碗、茶筅などなど・・お道具一式も持って行かなければならないそうで、泡ふいて倒れそうです(笑)
でも姑は親切心で言っているだけなので気にしないようにしまーす!(なるべくね)

>だけどダメでした。「お茶とお花はやらなきゃ!」の一点張りで。
>「お客様がいらしたときに、お茶を立てられたらいいのよ〜。喜ばれるのよ〜」って

そ、そうですか・・・このノリは、とってもよくわかります。(汗)
でも、くりぽんさんが少し元気になられたんならよかったです。

いや~それにしても、お道具一式なんて、すごい!私なんて、念のためっていう意味と、和菓子を食べるときにいいかも、っていう程度の意味で、茶せんとお茶碗、お抹茶は持ってきたものの、それすら、この半年間一度も触っていません!!(この抹茶は生きているでしょうか・・・)一回くらい、お茶立ててみようかなあ・・・。

他にもいろんな準備があると思うので、なるべく楽しんでできるといいですね!がんばってください♪

私の大好きな本や雑貨たちを泣く泣く整理しているのに、その分新品の和食器とお茶道具を持って行かなければならないみたいで、2重にナーバスです(苦笑)
持ち物を少なくして、向こうでいっぱいアンティーク品なぞ買おう!と意気込んでいたんですけど。。早くも計画倒れか!?
お茶道具一式って、何と何なんでしょうね〜?
茶釜も入ってるのかな??(笑)

お茶、お花に関しては、諦めて、義母から習うことにしようかと思っています。(タダだし)
年寄りは歳を取るごとにガンコになりますね・・いらない、必要ない、と言っても聞き入れてくれません。
こちらが折れなければいつかは喧嘩になってしまいそうです。
実家の親は、私の性格を良く知っているので「必要ないよ!」と言うと、「あっそ、いらないの。せっかく買って上げようって言ってるのに」で、話は終了。
あっさりキッパリと話がついてしまいます。
夫の母親の方が意固地で、私に色々なことをさせよう、持たせようとしています・・(T_T)
なんと言うか、私のことが「恥ずかしい」ようで、「親の教育が・・」とか言葉の端々に嫁としての教育(お茶、お花、和裁・洋裁、着付け等)を受けてこなかったから恥ずかしい、という思いが見え隠れしています。
「あなたの親がちゃんとした教育をしなかった分、私がどうにかしなければ!」と意欲満々のようにも思えます。あくまでも、姑の言葉からの想像ですが。

ところで、教えていただいた駐妻サイト、面白いです!どうもありがとうございました。
みんな、色んな悩みがあるようで..。
私は家にこもるのが好きなので、イギリスの雲ばかりの天気でも大丈夫かな??(笑)

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17398/402383

Listed below are links to weblogs that reference かなりショボショボです:

« 猫を轢きそうになって大悲鳴 | Main | タバコを踏んで、キャイ〜ン! »