« レジの打ち間違い〜続き | Main | クレート・トレーニングその2 »

Jul 27, 2004

クレート・トレーニング

ケージが目の前にあることには慣れて来た。その中で食事するのにも慣れて来た。
だけど相変わらず、食べ終わったらケージからすっ飛んで出てくるりり。
マジで本腰を入れてりりをケージの中に入れる訓練をしなければ〜!
以前ウンナンの「これが出来たら100万円」で、犬を初めて飼う家族が犬を訓練して短期間で一つ一つの訓練指示をクリアしていくってのがあって、その家族がクレートトレーニングも順調にこなしていたことがあった。
りりはどうかな〜? りりはケージそのものが怖いみたいだから、あの家族みたいには順調にはいかないような気がする・・(=_=)
訓練方法を本棚にある本で探しても見あたらなかったので、夕方公園に行って、訓練士の資格を持つマロンのお姉ちゃんに聞いてみた。

ケージの上下が外れるから、上部を外して訓練してみては?とのこと。あと、もちろんご褒美のおやつで釣ってね。
マロンもそのやり方で訓練したらしい。下部分だけで中に入れて、慣れたら上の屋根を付ける。その中に入る事ができたらべた褒めする。これを繰り返す。
おっけ〜。明日からやってみる〜。

« レジの打ち間違い〜続き | Main | クレート・トレーニングその2 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

くりぽんさんこんにちは!(かきこデビューです!)
ケージに入れるの我が家も毎度のことながら大変ですよ~
先日テレビで見たのですが、やはりケージ嫌いのM.ダックスちゃんと飼い主さんがトレーナーさんのアドバイスのもと訓練していました。
その方法は、おやつ(またはエサを1粒など)をまずは入口付近に置いて食べさせる、次はもう少し奥に置いて食べさせる…というようにどんどん奥にエサを置いていくんです。
その子は30分ほどでマスターしてました。しまいにはケージの中でくつろぐようにまでなってました。(驚)
ケージの中が安全な場所だと理解させることが重要なのだそうです。
うちのハナはケージに入れられると病院に連れて行かれたり飛行機に乗せられたり、嫌なことばっかりされているので今さらおやつごときにはつられないかもしれません…(悲)
病院から帰るときは自ら率先して入ります。
わたしが考えている以上にキチンと理解出来ているのかもしれませんね~~
りりちゃんがハナみないにならない前に、くりぽんさんは頑張って下さい!

hanaママさん、いらっしゃいまし〜。
こちらではお初☆ですね!
私も、エンゼルとグレーテル方式(?)を導入してみましたが、見事に不審がられて失敗です!
「た、食べたい!でも怪しい・・でも食べたい!」とパニクってました。
石橋を叩いて叩き割るくらいの慎重さを持つ犬なのでかなり苦労しそうです(^_^;

>おやつごときにはつられないかもしれません…(悲)
ハナちゃんもそうでしたか〜。
ハナちゃんの場合、たとえ彼女が嫌がってもヒョイっとケージに入れられちゃいそうですね(笑)
なるべく嫌がることはさせたくないからトレーニングしようと思っているのですが、親の心子知らずだわ・・(;_;)

私もこのテレビ見ました。なるほど、みんながみんな出来るというわけでは、なかったんですね。
ここは必殺ワンアイスでつってみたらどうですか?ケージは絶対に慣らせた方がいいので(移動時や入院時など)ガンバレ~!!


シェリーさん、こんにちは♪

>私もこのテレビ見ました。

あらっ☆何の番組だったんでしょうか。
私も見たかったなぁ。。
今、缶詰やりりの好きな物で釣って頑張っています。
ウェットフードが一番食いつきが良くて、りりの不審そうな面持ちは変わりませんがなんとかケージの中で伏せが出来るようになりました。
今日の分の日記に書きましたが、さっきは初めて自分からケージの中に入って寝そべりました!!
ケージに対しての警戒心はまだ持っているようですが、なんとかなるような、希望も見えて来ました(笑)

自己レス突っ込みですが、「エンゼルとグレーテル」は「ヘンゼル」ですね(^_^;
「H」が抜けてしまいました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17398/1066262

Listed below are links to weblogs that reference クレート・トレーニング:

« レジの打ち間違い〜続き | Main | クレート・トレーニングその2 »