« 遥かなる時空の中で | Main | 手作りのお味噌と豆腐 »

Oct 13, 2004

熊が人を襲い、猟友会によって射殺されたというニュースをよく目にするようになった。
昨日ニュースで見たのは、おばあさんが自宅で熊に襲われて顔に包帯がぐるぐる巻きの痛ましい姿。そして射殺された子供らしき小さめの熊。
人を襲った熊は人間を恐れなくなるから射殺するしかないらしい。
でもやっぱり子グマらしい死体をニュースで見ると、民家に出てくるまでの熊の食生活を考えてしまう。悲しくなる。
人里に現れた熊を全部射殺していたら、人間の怖さを知らないまま、次の熊が現われるんじゃないのかな〜?
人間は怖いんだぞ!ということを知らしめて山に返すという方法はないのかな???
人を襲った熊は、そんな訳にはいかんのかな〜。

山で生活できなくなった。エサが得られそうなところには弱そうな動物がいる。でも殺される。
こうやってそのうち熊もいなくなってしまうんだろうな・・。
日本オオカミがいなくなったように。

« 遥かなる時空の中で | Main | 手作りのお味噌と豆腐 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17398/1669021

Listed below are links to weblogs that reference :

« 遥かなる時空の中で | Main | 手作りのお味噌と豆腐 »