« ボビンレース 5回目 | Main | Winter BearFest 2005 »

Feb 25, 2005

ドッグフードを投げて与える

この話を聞いたとき、なんだか悲しくてもうそんなこと、聞きたくなかった。
だけどなぜかその方は「いかに私は犬が嫌いか」というのを何度も何度も話すので、私も何度も何度も「もう勘弁して(T_T)」と思うハメになる。

Aさんは犬がダイッ嫌いとのこと。
いつかは知らないけど、だいぶ前に子供と夫が犬を欲しがり、Aさんは一切世話をしないという条件でその家庭で犬を飼うことになった。
でもエサをあげるのだけは、Aさんの仕事。(なんで!?子供にさせりゃ〜、いいじゃん!!)
それすらも嫌なので、餌は毎回投げて与えていたとのこと。

もう、この時点で悲し〜〜くなってきて「もういいよ。そんな話しないで〜」と悲鳴を上げそうになる(T_T)けど、話はまだ続く。

犬としては、嫌われていることを知って知らずか、餌をくれるAさんを慕って懐いていた。
でもAさんは懐かれるのも嫌なため、「来るな!」と思っていたそう・・。
最後の最後まで自分家の飼い犬にこれっぽっちも愛情を持てなくて、結局海外転勤のときに人に預け、人の元で事故に遭ってその子は亡くなったとのこと。

何歳のときに死んだのか、何で死んだのか・・聞いてもAさんは知らない。
「さあ?何歳だったかぁ〜知らんねぇ〜」

この話を、「私はどのくらい、犬が嫌いかって?犬を飼っていたのにそれでもやっぱり嫌いだからねぇ〜。餌なんて投げてたくらいだもん!あはは〜〜!」と色んな人にしゃべりまくる。
犬のバカさ加減はうちのりりでよぉ〜く知っているからこそ、その犬のことを考えると妙に悲しくなってくる。
しかも、Aさんの犬はりりと同犬種。話を聞く度、同犬種のりりとその子のことをオーバーラップしてしまうってのもある。

でもまあ、虐待していたわけでもなく、一応、夫と子供は犬を可愛がっていたはずだし・・。
最後は家族と離れたけど、保健所行きではなくて人の家に移っただけだから・・・・・。
第三者の私が悲観する話でもないんだろうけど。

でもでもやっぱり悲しくなるよ。

« ボビンレース 5回目 | Main | Winter BearFest 2005 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

くりぽんさん、こんにちは。
犬ってとても健気ですよねぇ。
「御主人様命」みたいなところもあるし...
こう言うお話はとても悲しくなります。
でも、くりぽんさんの仰る通り、保健所行きでなかっただけでも良かったかも知れませんね。
それにしてもこう言う事をヘラヘラと他言してしまう様な無神経さ...
この方、病んでらっしゃいますね。

ひでさん、こんにちは☆

>犬ってとても健気ですよねぇ。
そうなんです・・健気すぎて悲しくなります。
このワンコにとっては、Aさんから嫌われていても「家族」と思っていたんでしょうね(;_;)

意外に周りの日本人から「犬嫌い」「ペット嫌い」という声を聞くことが多いので、少々肩身が狭いです(苦笑)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17398/3080368

Listed below are links to weblogs that reference ドッグフードを投げて与える:

« ボビンレース 5回目 | Main | Winter BearFest 2005 »