« お菓子に見える家 | Main | トリビアの犬実験 »

Feb 26, 2006

ついて来たわんこ

0602252←このノーリードのわんこが、ふ〜らふ〜ら道路を歩いていた。(携帯の写真なので画像が悪いです)
首輪はしているんだけど、道ばたの匂いを嗅いではおしっこを引っ掛けて車が走っている車道をのんびり横切ったりしてる。
犬種名は分からない。全身が茶色で顔がちょっとブルドックみたいにクチャっとなってる子。
こちらを振り向くと、りりに突進!!
体重が15キロくらいありそうな子に突進されるとちょっと怖い〜〜(;_;)
近くの家に男性がいてこちらを見ていたので、この子知ってる〜?と聞こうと思ったんだけど、りりが臨戦態勢に入ってるので逃げる方に専念。 
りりがこの子に怪我させてしまったら、目撃者から飼い主に「東洋人の犬が噛み付いていたぞ」とチクられるかもしれないじゃない! それは避けたい。早くここから離れねば!
近寄るわんこにりりがガウガウしだした。
0602251

どこまでもどこまでもついてくる。
りりにガルルルされてもついてくる。
そのうちヒンヒンキュンキュン、ピスピスと鳴き出してりりにアタック。りりを気に入ってくれたらしいのに・・・ごめんね。なんだかこの報われないラブアタックのわんこが可哀想になってきた。
ある一定の場所まで来たら少しだけ離れて行った。離れつつもヒーヒー鳴いてりりの気を惹こうとしている。
ヒーヒーキュンキュンとこちらを向きながら、元の道路の方に戻って行った。
なんだかりりの方が「フンッ追っ払ってやった」という感じで男らしかった・・。

そういえば、うちの方は意外にノーリード&放置の子をよく見かける。首輪はあるけど近くに飼い主はいない。
(田舎だから?)
ついこの前も、放置されたスレンダーボディの奇麗なわんこが道路をテケテケ歩いていた。時速50〜60キロくらいで走れる道路だったんで、車に乗ってるこっちの方がビビるよ!

« お菓子に見える家 | Main | トリビアの犬実験 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

るーちゃんの木登りといい、りりちゃんの威嚇作戦といい、ご活躍何よりです(笑)。
多分その犬はボクサーではないとはおもうのですが、叔父が飼っていたボクサーは図体もでかくて恐ろしい顔をしているのに、気が弱くてやさしい犬でしたよ。でも、お互い怪我したら困るからやっぱり離れて正解でしたね。

veloさん、こんにちは。
ああ〜、ボクサーか! あれ?でもなんかちょっと・・私が思いつくボクサーって結構体が大きいかも・・。
今回会った子は、顔はボクサーっぽいけど体はちょっと小さめでずんぐりしてました。体高もりりと同等くらいでしたし。。
veloさんの叔父さんのボクサーのように、顔は厳つかったけど気が弱くて優しいわんこでした(^_^)
ノーリードでも大抵大丈夫なんですが、でもやっぱり何かあってからでは大変なので、なんとかして欲しいなぁ〜とは思います。
だって・・そこらへんの道路フラフラしてるんですもん!(>_<) ランダバウト内を歩いているレトリバーも見た事あります。
veloさんのおうち方面はどうですか?

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« お菓子に見える家 | Main | トリビアの犬実験 »