« いただきます論争 | Main | 大判焼き »

May 12, 2006

暖かい〜☆

このところ暖かい日が続いていて、周りのイギリス人女性は夏の腹出しファッションになってきた。
ほんと、こちらの人はお腹を出すのが好きね〜・・。けっして「良いスタイル」という訳ではないんだけど・・。

0605121


そういえば、4月にローマへ行ってきました。
写真を整理してからブログに書こう〜っと!と思っていたのに、ズルズルと5月に突入〜。
なんだかもうローマ旅行が記憶の彼方に飛んで行ってしまった。。

旅行はすっごい楽しかった。また行きたい!ローマ!!
料理はおいしいし見所満載だし、ちょっと楽しい出来事もあったし。(赤ちゃん連れの母親のスリに出会いました!被害には合わなかったけど、ターゲットにされたツトム犬の反応が面白かった)

旅行中、りりたちはツトム犬の会社の人にフードとお散歩をお願いしていた。
その人の都合で、りりだけを自分の家に2泊させたと後日聞いた。(るーは家でお留守番)
ラブラドールが2匹いるお家で、りりはどうしたんだろう?!と思っていたけど意外に馴染んでいたとのこと。
一家の主であるお父さんに懐いていたとのことだったので、やっぱり「主」が誰かちゃんと分かってるのね・・。この世渡り上手!
そのおうちのラブちゃんがスゴいね。自分の家に他の犬が入り込んだ上に、一家の主にすり寄ってるのを見ても仲良くしていたそうで、りりが反対の立場だったら絶対に喧嘩売ってると思う。
また夏にこのお家のお世話になります・・。

« いただきます論争 | Main | 大判焼き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。くりぽんさん。
ローマ楽しかった様で何よりです。
子供連れのスリへの反応とは?
お聞きしたいです。
私もローマに行った際にバスの中で、目の前に手がスーッと伸びてきて、前の人のバッグの中にはいっていったのを見たときには、多少ビビリました。バッグの持ち主もすかさずそのスリの手をつかんで「ったくもう○××△!!!」みたいなこと言ってました。私だったら気がつかないかも。

Bさん、こんにちは。
Bさんももしかしたら危なかったのかもしれないですね。。
スリはですね〜、
子連れスリさん2人組で、そこにいるだけで「この人たちは怪しい!」と一目で分かる人たちが、夫と私の後ろにくっついて来て夫の背後に回ってきました。
二人で夫に話しかけながら、一人は腕に手をかけ、一人はズボンのポケットに・・・。
夫は「NO!NO!」と手を振ってましたが、腕を触られた時に「なんだこのやろー!」と怒り出し、睨みをきかせたら物悲しい声を出しながらスリさんたちは離れていきました。
2人組が近づいた時に私は「ヤバい」と思ったので夫からス〜ッと離れて傍観していため、あとで「ヒドいよ!」と夫に泣かれました。
場所はポルタ・ポルテーゼのノミの市です。
イギリスのアンティーク市みたいな物かと思って早起きして行ったら、ちょっと考えていたノミの市とは違ったために夫がブーブー文句を言っていた矢先の出来事で、その後妙にハイテンションになって大笑いしながらノミの市を横断しただけで帰ってきました。
あ、お財布は無事でした♪
スリに遭いそうになったのに、ガイドブックに載っていた「スリに注意!」を生で見て、妙に嬉しくなってしまいました(^_^;

被害に遭わず、なによりです。
ご飯も、おいしく食べられたようで(これが一番大事~)。
機会があったら、写真アップしてくださいね~!

scricciolettaさん、こんにちは。
ご飯、美味しいですね〜!ローマ!!
もちろん美味しいレストランとそうでないレストランとはありましたが、当たりのレストランに入った時にはずっとそこで食べ続けたいほどでした!!
イギリスでも美味しいイタリアンあったらな〜。
うちから行けるイタ飯屋さんは、やっぱり本場とは違うんだ!とあらためて知りました。
パスタは茹で過ぎだし、ピザはパン生地みたいに分厚いし、どの料理も塩っけや味が無い・・。
ローマ在のscricciolettaさんが羨ましい〜〜!

くりぽんさん、お帰りなさ~い!イタリア楽しかったみたいでいいですねー。私もイタリア行きたいですー。
りりちゃんも楽しくお留守番できたみたいでホント良かった!私たちがスイスに行ってた時、うちのズックにはひどい思いをさせてしまいました・・・。(>_<)
あと、催促しちゃってごめんなさい。。ペットの保険の件、教えてもらってもいいですか??メールお待ちしています!(^-^)

ともりんさん、メール遅くなってごめんなさい〜(>_<)
今日になりましたがメール差し上げましたのでどうぞよろしく願いいたします。
でも全くアドバイスにもなってないような気が・・。
申し訳ないです。。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« いただきます論争 | Main | 大判焼き »