« 1700年代の家 | Main | 出戻りヒナ »

Jun 01, 2006

バンガローの家

先日見に行った1700年代の家がある村の、別の賃貸物件を見に行った。
バンガロータイプの家で、平屋。
庭が南向きで、ラウンジに太陽光が入ってすっごい明るい。

0606021

ここのウリはラウンジやコンサバトリーから見ることのできる、お庭とその先に広がるこの景色。
お庭の向こう側は牧場になっていて、馬が放牧されている。
馬がうちの方まで来ることはなさそうだけど、りりが馬に対して爆裂に吠えてしまうのでちょっと悩む。

なぜか、りりはテレビの中の馬にも吠える。暴れん坊将軍のオープニングなんて、絶対に見れない。
前のNHK朝の連続ドラマで馬の調教師とか出てたけど、あれも見ることが出来なかった。主人公の女の子が「ジョン子・・」と言いながら馬に寄り添ってるシーンでりりが「ギャンギャン!」吠えまくっていたから。
うちの近所をお散歩していると、乗馬している人や馬車とすれ違うことがあるので、そんな時には横道に慌ててそれるか、りりを押さえつけておかなければ、馬に対して吠えまくる。
馬が興奮すると乗っている人に迷惑をかけてしまうので、馬の姿が見えるとちょっとドキドキ。
なんで馬がダメなんだろう?? 大人しいポニーとシカにも吠えたことがあるし。
羊には吠えないのに・・・。

庭の向こうに見える馬のことは置いといて、この家もとても素敵で気に入って、私は「ここでもいい!」と拳に力を入れてツトム犬に言った。
・・が、ツトム犬、「明るい家で、すごくいいね。でも、ベッドルーム数が少ないし、家が小さいね。止めよう、ここは。ダメだよ」

って、アホですか、あなたはーーーー!!!!????
日本で住んでた家に比べれば、全然大きいんですけど!!

通勤に関しても、「あの家は会社から遠いからなぁ〜」(別の家のことです)なんて言ってたけど、車で20分の通勤時間。日本で1時間半の満員電車を体験していたことを考えれば、全然近いと思うんだけど・・。
段々ツトム犬が贅沢なことを言い出すようになってしまった。

引っ越し先は、のんびり気長にさがします。
でもあんまりノンビリしてるとあっという間に帰国の日が来てしまいそう・・。

« 1700年代の家 | Main | 出戻りヒナ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

Comments

本格的におうち探しって感じですね!うらやまし~♪今度ぜひおうちの中の写真も公開してくださ~い!おうち見るの大好き。イギリスっておうち探し番組多いですよね。私、すごい見てます。今のお気に入りはBBCの「TO BUY OR NOT TO BUY」。
うちの夫も日本じゃ平気で1時間かけて通ってたのに、遠いの嫌がります。。。少し離れればステキなおうちに住めるのに!!あぁ~憧れのデタッチ。でも私、お庭のお手入れできないからな・・・。

>ともりんさん
お家の中、毎回写真を撮り忘れてるんです(^_^;;
部屋の中で「ほぇ〜」と感心して撮り忘れてます・・。
私も不動産番組好きです〜!
家を改装して家の価値を高めるとか、部屋を奇麗にするとか。
こちらの番組って、興味深い番組が多いですよね!
ドラマはアメリカ製が好きですが・・。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 1700年代の家 | Main | 出戻りヒナ »