« ドッグフード | Main | 真夏日 »

Jun 10, 2006

一羽、死んでしまいました

見守っていたBlackbirdのヒナ。
一羽、家の近くの道路脇で死んでいた。
原因はるー・・・だと思う。

060610

ちょうどニフティのメンテがあった日、メンテが長過ぎてその日の出来事を書けなかったけど、その日、るーがヒナの一羽に一撃を加えていた。
今日見た死んだヒナは、そのときの子だったと思う。
その子が逃げて行った方向に落ちていたし。

でももしかしたら、あの子は元々大きくなれなかった子なのかもしれない。

かなり危機感が無い子で、うちの芝生の上でぽつんと一羽、暢気に羽づくろいをしていた。
るーが台所のドア前からその子を狙っていたので(ピイピイと親鳥に甘える声を出していたので、その声にるーがおびき寄せられたと思う)、家の中からコップをドン!と置いて音を出したり「逃げろー!」と言っていたのに全然気づいていない!・・・というより、私を怖がってない!!ノン気すぎる!!!
こりゃヤバい、と思ってドアから庭に出ようとした時に、私よりも先にるーがダッシュをかけてしまった。

ぎゃーーーっ!!!!!(←私の悲鳴)

るーに乗っかられるまで気づかないなんて・・・(;_;)
鈍臭すぎる・・・・・あまりにも危機感が無さ過ぎる。

なんとかヒナは逃げて行ったんだけど、その後、ヒナの姿が見えなかったので気になっていた。
・・・やっぱダメだったか・・。
外にはるーの他にも猫がたくさんいるし・・・。
一週間ほど前までだったら、少しでもるーの姿が見えると親鳥がすっ飛んで来て、時にはるーに攻撃するような素振りをしていたけど、この時には親鳥は近くにいなかった。
もうヒナはヒナではなく、一人で生きていかなければならない週齢だったのかもしれない。

りりの散歩に行く途中で道路に落ちているこの子を見つけ、散歩中ずっと悲しく、ブルーになっていた。

« ドッグフード | Main | 真夏日 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

うわーん、悲しいですね。
でももしかしたら違うかもしれない。
もしくはくりぽんさんがおっしゃるようにもともと生命力の無い子だったのかも。
世の摂理とわかっていながらも目の当たりにするとつらいですよね。

これが人生ってものなのでしょう。
あまりがっかりされませんように。

Oh.......(;д;)
いや、でもあの鳥、本当に危機感がないの。
うちの近所で公園改革の工事が始まったんだけど、ショベルかーや大型トラックが動いてる真っ只中に、ポツーンといるの!危ないの!
たぶん、公園内で生まれて、まだ飛べないんで行き場を失った感じだったんだけど・・・(泣)。

動物は無条件で天国入りです!!!

>veloさん
そうですね・・。これが人生。分かってはいても、ずっと見守っていた子がこういう結末になってしまうと、やっぱり悲しいですね(;_;)
毎日、今日は寒いけど大丈夫かな、雨降ってるけど大丈夫かな、と心配していたので。。
近隣に猫がたくさんいるし、鳥の世界もシビアだと実感しました。

>scricciolettaさん
うああぁぁ、scricciolettaさんが言う状況が容易に想像出来るー!!
運転手さん、鳥さんが見えてるのかな〜?!見えてないのかな〜??
成鳥だと危険を感じたらサッと飛べるけど、月齢1〜2ヶ月くらいだと外にはポテポテ出て来るけど、瞬時の判断が出来なくてフリーズしちゃってますよね・・えーん!(>_<)
天国に行ってくれてると、私も信じています。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ドッグフード | Main | 真夏日 »