« ウェッジウッドの象さん | Main | アンティークセンター »

Sep 22, 2006

ガガンボ

060922
なにやら今年は、気候の関係でガガンボが大発生したらしい。 ガガンボだけではなく、蜘蛛と葉食害虫もこの2年のうちで一番多いように感じた。

このガガンボがかなり繊細な昆虫だと知ったのはイギリスに来てから。
今までは、蚊の親玉のような容姿なので触るのが怖くて玄関先にガガンボがいると逃げ回っていた。
ンがしかし。
こちらの家には網戸が無いので、夜に窓を開けていると電灯に惹かれてガガンボが入りまくり。
そしてるーちゃんが狂喜乱舞。ガガンボをおもちゃにして弄び、最後にはムシャムシャ・・・。
そんなガガンボが可哀想で、ネットで調べたら人を刺さないし全くの無害だと知り、乱暴に扱うと足がモゲてしまうので両手で囲むようにそっと保護して外に放すことができるようになった。

りりとお散歩をしていると道ばたにもガガンボだらけ。
運悪く踏まれてしまったものもいる。
お腹がプクーッと膨れて飛びにくそうなガガンボが多いから、8月末から9月上旬って産卵時期なのかな。

そんなガガンボも、朝夕寒くなってきたらパタっといつの間にか見かけなくなってしまった。
また来年まで、さようなら、Daddy-Long-Legsたち。

« ウェッジウッドの象さん | Main | アンティークセンター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.