« ハウスクリーニング | Main | インベントリーチェック(続き) »

May 23, 2007

インベントリーチェック

今月初めの、引っ越しの時のこと。その2。

家を出る時のスケジュールは、
1日目)布団、リネン類、カーテン類を全てクリーニングに出す。
2日目)引っ越し荷物搬出
3日目)ハウスクリーニング
4日目)インベントリーチェック(大家さんに引き渡し)

ハウスクリーニングが終わり、次の日はインベントリーチェック(inventory check)、そしてそのまま大家さんに家を引き渡す。
家は既に他人に売れているので、大家さんは後日、家を購入した人に引き渡しをすることになる。

家の中の家具や備品などに汚れや破損、紛失がないかをインベントリーチェックの人、大家さんと共に確認。
破損欠損等があれば、敷金からさっ引かれる。

このインベントリーチェックに、2時間以上の時間を費やした。

チェック人、かなり念入りに確認する。
カーテンをビロッと広げ、陽に透かして破損が無いか確認。
ベッドやソファは、シーツを全部取ってマットの裏側まで確認。
テーブルも傷がないか確認。
大家さんもかなり細かい人で、テーブルに傷が2本ある、とかチクチク。(テーブルに関しては、上にマット+テ−ブルクロスを使用していたけど、それでも擦り傷のような物が付いた。ボールペンで書いたとか、カッターなどで付いた傷ではないんだけど・・)

ここまでやるのは、うちに犬猫がいたために細かくチェックしたのだと思う。
大家さんは「家に「不備」があると、あとから家を購入した人に指摘されて、売った金額からその分引かれちゃうのよ〜」と言っていた。だから細かくチェックするのよ、と言いたげだった。
でも、よく分からないんだけど、その「不備」が発覚したら、うちのせいなの?うちのせいなんだよね・・?
なんとな〜く、家を売った責任の一端を担がされてる気分。

特に書類にサインをするわけでもなく、「この破損、欠損を認めますか?」というやり取りもなく、2時間半ほどかかったインベントリーチェックは終了。
チェック人に「もういいですよ」と言われ、「ハイそうですか」と大家さんと笑顔でお別れ。


後日請求された内容。
1.Cleaning / Carpet Cleaning £300.00
2.Compensation table and unit in Dining room £100.00
3.Hoover (lost attachements)  £59.95
4.Sofa bed - Cat Damage  £120.00
5.Damage to curtains, sofas, table and telephone £206.00
合計:£785.95

1ポンド今いくら?240〜250円くらい?

クリーニング代(やり直し代)については仕方がない。本当にダメダメな掃除だったから。

ダイニングルームのテーブル&ユニットの弁償100ポンドって・・。なんだかショック。
テーブルの擦り傷と、飾り棚の開き戸の開ける部分(飾り金具)が棚本体に当たって傷が付いていた、ということで請求。
テーブルも飾り棚も、年に何回使っただけか・・。テーブルについては前述の通りマット+テーブルクロスを掛けていたし、飾り戸棚だってしょっちゅう開閉する物じゃないし。
Unit_1

掃除機。ロストアタッチメントで£59.95。
説明書がないだけだったんですが。
これは私が大失敗。説明書を入れたままの箱をガレージに放置していて、引っ越し時、作業員にその箱を「置いたままにしておく」という指示をしていなかった!!
説明書が無いだけで£59.95も請求するんだったら、掃除機ちょーだい!っての。

ソファベッドのキャットダメージ。
この家にあったソファベッドもソファも、元々擦り切れていたオンボロソファだった。(大家さんは猫を2匹飼っていた)
が、この請求って、一体なに?!
ソファベッドのダメージ、大家さんが言うには「うちのダメージ部分は右側だけで、左側は奇麗だった」とのこと。
いやいやいやいや・・・最初から両方にダメージありましたともさ。
ツトム犬がそう主張したけど、認められずに撃沈。
↓入居時撮った写真。全然ダメージ部分が見えない・・。PCでアップにして、よ〜く見ると分かる程度(;_;)
Sofabed


居間にあったソファも最初から、足下部分、サイド、なぜかボロボロで生地の繊維がピューッと出ていたんだけど。
こんなソファ、絶対にもう捨てるような物でしょ?!と思って甘く見ていたよ・・。
まさか弁償代を請求されるとは思っていなかった。

・・・なんか不思議なんだけど、なんでインベントリーチェックの時にその旨指摘して「この汚れ、傷、認める?」云々のやり取りをしないのだろうか?
後になって請求の書類がペロっと送られてきただけ。
えーと、日本でも、普通はこうなのかな?
経験がないのでよく分からないんだけど。


本当だったら、最初のインベントリーチェック時にこちらが室内を隈無くチェックして不動産会社側に申告しなくてはならなかったそうだけど、契約時にはインベントリーチェックはなく、「不備があったら1週間以内に連絡して」という書類が送られてきただけだった(らしい)。
契約時私はまだ日本で、ツトム犬もそこら辺のことを良く知らず、仕事の忙しさにかまけてそのまま放置してしまった。
そんなわけで、うちが入居時に、書類と、家具の不備&傷などチェックせず、それについて指摘しなかったというのが大いに悪い(猛烈に苦笑)

ツトム犬が入居時にとりあえず写真を撮っていたけど、備品を細かく、ドアップで撮っていたわけではなかったので、今写真を見ても「これじゃあソファの汚さが分からないよ〜」な物ばかり。
ただの部屋写真。

・・なんていうか、書類のチェックをしなかったこちらも悪いんだけど、そういうことに疎い日本人をカモにされたような、後味の悪い退去でした・・。


« ハウスクリーニング | Main | インベントリーチェック(続き) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

えー!えー!えー!
そのインベントリーチェック、すっごい厳しかったんですね・・・(T_T)。納得いかない部分ばっかりですよねぇ。しかも、その金額はどうやって割り出したのか聞きたいっ!!むかっ!

うちも入居時からソファがへこんでたんですけど、それに気づいたのが結構たってからだったんで、言えずじまいだったので、もしかしたら退去時に請求されちゃうのかも・・・(>_<)

何だか異様に厳しいインベントリーチェックですね。
うちだったらいくらひかれてることやら・・・
うちもこの家を出るときには業者にクリーニングしてもらおうと思っていたのですが、下の話を聞いてちょっとためらいました。業者も慎重に選ばないといけないということですね、きもに命じておきます。

>ともりんさん
請求金額の算出って、その手のプロかなにかが計算したんでしょうねぇ・・??
こちらのルールがよく分かっていないので、何だか騙されている気がしてしまいます。
知り合いのイギリス人に聞いたら、店子側はハウスクリーニングをして出るけど、弁償とか何とかっていうのは、家の何かを壊したとか、よっぽど酷い状態じゃなければ請求しないもんだけどね〜?とのこと・・。
やっぱり大家さんの細かさによって違うんでしょうね(T_T)
うちは運が悪かったのかな〜。
でも大家さんから見たら「奇麗だった家を、こんなに汚くして!」と思われてるかもしれません・・。まぁ、本当に壊したもの(ランプシェードと電話台、タオル掛け)もあるんですが(^_^;;

>弥生さん
弥生さん宅、ペットいないから厳しいチェックが入らないんじゃないかしら?
うち、ペットがいたから隅々までチェックされたんだと思います。
でも大家さんへの不信感は募る一方。(色々あったんで)
現在夫が不動産屋へ交渉中です。
ハウスクリーニングも、評判を聞いてから選んだ方がいいかもしれまんね〜。
・・・良い経験をさせていただきました。ハイ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ハウスクリーニング | Main | インベントリーチェック(続き) »