« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

Jun 30, 2007

家に慣れてきました

るーの鳴きわめき徘徊が少なくなった。
この家に慣れてきたみたい。
最初はこちらが辛くなるような鳴き方で鳴き続けてたんだけど。

070630


Jun 28, 2007

初めての外出

引っ越して以来、るーは室内だけで過ごしていた。
家が嫌で逃げ出したら帰って来れそうにないので、ベランダにも出していなかった。
全ての窓には外側にブラインド式の頑丈なシャッターが付いていて、窓を開けてもブラインドを斜めにしておけばるーは外に出られないと思っていた・・・が!奴め、頑丈と思っていたブラインドをこじ開けてベランダに出てしまっていた!!

070628


これに味を占め、度々ベランダに遊びに出るようになった。
でもベランダから部屋に戻ってくることは出来ない模様。
出るときは簡単にこじ開けられるブラインドも、外側からは入りにくいようで、都度別の窓を開けて入れてあげなければならない・・。
勝手に出たんなら、ちゃんとこじ開けて帰ってこいやー。

Jun 24, 2007

食べ物が美味しい!!

どうしても考えてしまうのは、イギリスとスイスでの「味」の比較。
値段、味、大きさ、見栄え、どれをとってもスイスに軍配が!!

もしかしたらロンドンは美味しいものがたくさんあったのかもしれないけど、私が住んでいた地域ではレストランやケーキはどれも×。
外食よりも家で食べた方が美味しかったし、デザート類も自分で作らなければ日本人の口に合う物は皆無と言っていいほど、何もなかった。

が、スイスに来て、家の近くでフラッと立ち寄って買ったケーキが、おーーいーーーしーーいーーぃぃぃ!!!

なんじゃこりゃーー!!!
070624


その他、フラッと立ち寄ったそこら辺のレストランでパスタを注文。
ぎゃーーーーっ!ちゃんとアルデンテーーーー!!!!
なんじゃこりゃーー!!!


今までの、値段ばかり高くてフニャフニャで塩味が足りなくて旨味も一切無いパスタは一体何だったのか・・。

スーパーで買う食材も美味しいし、大根やお刺身用まぐろもある。@スイス
ただ、難点は野菜類があまり新鮮じゃないってことくらいかな。


しかし、お陰さまでイギリスで良い経験が出来ました。
今後どの国に行っても食事が美味しく感じることが出来ると思います。


Jun 20, 2007

輸送用ペットケージ

今回のイギリスからスイスへのペット輸送で、Air Petsというペット輸送業者を使った。
ペット用ケージのサイズを確認されたので、日本からりりたちを連れて来た時に使ったケージのサイズを伝えると、「小さすぎる!」とのこと。
急遽Air Petsでケージを用意してもらうことになった。

りりたちがスイスへ到着した後に、用意してもらったケージと日本から持って来たケージのサイズを比較すると、長さはまぁまぁいいとして、高さが全然違った!


↓るー用
0706201

↓りり用
0706202

木製のケージだったので、もしかしたら個別に手作りなんでしょうか・・?

最近、イギリスはケージサイズが特に厳しくなったと聞いたので、日本からイギリスへ輸送の際には、サイズを十分気をつけた方がいいかもしれません。

Jun 16, 2007

ファースト・コンタクト

るーの「ふぎゃぁあああぁあ〜〜〜!!!」という鳴き声にビックリして、るーがいるところを探して走った。
寝室側のベランダに、初めて会う猫がいた。
0706161

しばらく2匹で見つめ合っていたけど、私が窓を開けたら逃げてしまった。
0706162


うち4階なんだけど、どこの猫だろう・・。
同じフロアはお隣の家、一件だけ。

後日、ベランダの植木をチェックしていたら、うちの真下の3階のベランダでくつろぐこの子がいた。
下の子かな・・?
一体どうやって上階まで登ってきたんだろう。

そのうちるーも下に行ってしまいそうだわ。。(でもるーは戻って来れないと思う(-_-))

Jun 13, 2007

スイス到着

出発のフライトはお昼頃。
2時間ほどのフライトで、機内ではお昼ご飯が出た。
美味しかった・・。
今までのイギリスでの美味しいとは言えない食事は一体何だったのか。。

サクッと新居に到着し、りりとるーがデリバリーされるのを待つ。
ツトム犬が猫トイレ用品一式を買いに出ている間に業者の人が来た。

りりは大興奮で、新しい家で早速ワンワンギャワワンと大騒ぎ。
いや・・勘弁してよ。
周りからクレーム来ちゃうよ・・。

るーはクレートから出すとニャーニャー泣きわめきながら家中を徘徊。
これが深夜まで続いた。(というか朝方も)
この鳴きわめき徘徊は一週間ほど続き、朝も夜もギャーギャー鳴いていたので、この引っ越しがかなりご不満らしい。

ところで、今回輸送手配の全てをAir Petsというところにお任せしたのだけど、どんなお世話をしてくれていたのか、全く不明。。
ツトム犬が手配してくれたけど、彼から更に他の人へ回してしまっていて、内容等を聞いていなかったそう。

りりは家に到着後すぐに、外に出せとのサインを出すのでベランダに出したところ、大量の大と小の排泄。
少しして、今度は家の中でも粗相してしまった。
家の中で粗相なんて、子犬の時以来!
ちょっとビックリ。
るーもすぐに猫トイレに入っていたしで、この2匹が最後にトイレを済ませたのって、一体いつなの?!とペット業者さんを疑いたくなってしまった。

070613

Jun 12, 2007

ジェシカ・アルバとオペラ座の怪人

イギリス最後の日。
住み慣れた街を離れ、ロンドンへ。
ロンドンで一泊し、翌日スイスへ飛行機で向かう。

最後に、オペラ座の怪人でも観ておこうと思っていたら、ツトム犬は会社の人に呼ばれて飲み会へ。
仕方ないので私一人で観に行くことになった。
まだチケットを取っていなかったので、チケット売り場へ直行。
最初に行ったピカデリーサーカスのチケット売り場ではチケットの価格は45ポンド。
「良い席だよ〜。前の方だよ〜」と言う売り場のおじさんを振り切り、とりあえずレスタースクエアへ移動。
レスタースクエアのチケット売り場では30ポンド。
せこい私は席の場所を確認せずに、値段だけで即決してしまった。(アホだ)
売り場の人に「チケット発行に30分くらいかかる。7時にお店が閉まるから、それまでに取りに来てね」と言われ、ツトム犬と近くのスタバで待つ事にした。

このレスタースクエアで、何事かと思うくらいの人だかり。
スタバでお茶して、そろそろチケットを取りに行こうと外に出たら、「ジェシカーー!ジェシィカぁぁーーー!!!」と野太い声の歓声が。
なんと、Fantastic Fourとやらの映画のプレミアで、出演者が目の前を通ってるんですわ!

こ、これがよく映画情報誌や宣伝番組でやってるアレか〜!!と大興奮。
ツトム犬にカメラを持たせ、「写真撮って来て!」と絶叫。
ジェシカ・アルバはテレビでは小悪魔っぽく見えるけど、このときはドレスのせいもあってか、ものっすごい美人さんにみえた。
背中もすごく奇麗だった〜。


0706122


0706123


0706124


0706125

ジェシカ・アルバに続き、ティムとマイケルも登場。
フルネームも顔も分からなかったけど、周りの人が名前を呼んでサインをせがむのでなんとか名前が分かるくらい。
マイコーの方が、ティムよりも歓声が大きかったような気がする・・。


ジェシカアルバたちの写真を撮っていたせいで、チケットの引き取り時間を忘れていた!
既に7時!!
慌ててお店に行ったらまだ人が集っていて、ぎりぎりセーフだった。

そんなわけで、最後の最後にハリウッドスターもオペラ座の怪人も観る事ができて、満足満足♪
オペラ座の怪人の席は、3階席の端っこだったけど・・(苦笑)
ケチっちゃいけませんね。
0706126

Jun 11, 2007

インベントリーチェック(結果)

インベントリーチェック時の弁償金額に納得がいかず、クレームした後の話です。
不動産会社を通してのクレームの結果、「掃除機については新品同様品なのに、アタッチメント(←と言っても、説明書のこと)を紛失してしまったのだから全額弁償しろ。家主はもっと他にもクレームを言いたいけど、これだけしか金額を提示していない。」とのことだった。
かなりドッカンとくる腹の立つ言い分なのだけど、ツトム犬との話し合いの結果、もう大家さんの請求通りの金額を支払う事にした。
ツトム犬はもう少し喧嘩してみようかと言っていたけど・・。
たとえ何人であっても細かい人は細かいし、何を言ってもダメな人っているから。。

こうやってあっけなく諦めてしまうと、友人に「これだから日本人は舐められるのよ!」と怒られちゃいそう(^_^;;

りりとるーが居ない家(T_T)

りりとるーだけ、一足先にロンドンへ移動した。
Air Petsというペット輸送専門業者さんにお願いして、2匹をピックアップしてもらった。
輸送手続きなど全てをこの会社にお任せし、こちらがスイスに到着する日にりりたちを家にデリバリーしてもらえる。
いや〜、日本からイギリスに移動したときよりも楽ちん楽ちん♪

とは言うものの、りりたちと離れることには昨日の夜から不安を感じてなかなか寝付けなかった。
今朝は朝食が喉を通らず、胃がしくしく。

私は顔面を出血させながらも(るーに引っ掻かれた(^_^;)、なんとか無事に2匹を業者さんに渡すことができ、ミヤオゥ!ミヤオゥ!と大鳴きするるーと、不安で一杯の挙動不審のりりと、ここでお別れ。
次に会えるのは、明後日のスイスの家で。


イギリスで最後のお散歩。
0706111


0706112

Jun 10, 2007

David Austinのバラ園と航空ショー

バーミンガム近くのAlbrightonにある、David Austinのバラ農場に行って来た。
農場、販売所、カフェ、バラ園があり、バラ園はそりゃも〜バラバラバラの、バラづくし!
バラ園は昨日の土曜日からのオープンで、初日はちょっとした催し物があったらしい。(ワインサービスや園内ツアー等)

David Austin Garden Roses
0706101


欲しいバラがたっくさんあったけど、買っても引っ越し先まで持ち運べない〜!
大陸でも売っていると思うので(でも季節は外し気味?)、仕方がないので引っ越しをしてからゆっくりと買いに行くつもり。

去年購入したDavid Austinのバラは友人に差し上げました(T_T)
受け取ってくれた友人はすぐに素敵な鉢に植え替え肥料をあげてくれて、うちにあった時よりも素晴らしく元気に成長して蕾みをたくさんつけていたので、差し上げて大正解。引っ越し荷物の中に入れないで良かった。

0706102


0706103


この日、隣町で航空ショーが開かれていて、バラ園の駐車場からショーの様子がよく見えた。
Cosford Air Show 2007
のどか〜に素敵なバラを観ている上を、戦闘機がゴーーーッ!と爆音よろしく通り過ぎて行く様はなんともシュール。
世界大戦時に活躍したプロペラ機より、最新機の方が華がある。
戦闘機は詳しくないので機種は不明だけど、ステルスみたいな形の戦闘機が一番近くを飛び、音もすごくて、あまりの爆音(振動)で駐車場の車の警報機が鳴り響いていた。
さらに爆撃のアトラクションもあり、バラ園の駐車場のギャラリーたち大興奮。

バラも戦闘機も一度に観れて、得した気分。
でも日焼けがヤだよ・・。
0706104


Jun 09, 2007

さよなら、ボクのMINI

070610


引っ越し先では車の運転をしないつもりなので、2年前に購入した愛車を売却した。

ツトム犬が近隣の中古車屋さんに見積もりをしてもらおうと車を持って行ったところ、「オートマは買わない。マニュアルだったら買う」とので、スゴスゴ帰って来た。
地元のイギリス人にはオートマの需要はなくとも、ロンドンの日本人にだったら売れるだろうと思い、ロンドンの日系中古車屋さんに連絡したところ、引き取りOKだった。(やっぱり!)
引き取り見積もり額も、大満足の額!
ロンドンまで行かなければならないけど、この日系中古車屋さんに引き取ってもらうつもりでいた。

そこへ突然、近くに住む友人がうちの車を買いたいとのオファー。
非常に細かいイギリス人の旦那様が車をチェックし、この車ならOK!とのことで、中古車屋さんで出してもらった見積もり額で購入してくれた。
色々とオプションも付いていたし、走行距離は短かったし、車体には多少の傷(小石などで)はあったけどまだまだピカピカのMINIだった。

あまり乗ってあげられなかったけど、大好きだったMINI。
可愛くて可愛くて、乗るたびに「可愛いよね〜」とツトム犬も言っていた。
引っ越しにともない、色々な好きだったものとサヨナラしなくてはならないのが、ちょっぴり悲しい。

Jun 06, 2007

るーのお留守番

今住んでいる家は、週一回ガーデナーとハウスキーパーが来てくれる。
今日はハウスキーパーが来る日だったけど、お昼に外出をしなければならなかったのでりりを連れて外に出た。
他人が家に入るとりりが吠えまくって大変になるので、りりは一緒に連れて行き、るーは寝室に閉じ込めておいた。

帰宅をしたのが21時くらい。
玄関を開けたとたん、2階からニャーニャー騒ぐ声が・・。
寝室のドアを開けると、るーがニャーニャーギャーギャー鳴きながら飛び出して来た。
しばらく私の足にくっついて離れようとしなかった。
ハウスキーパーさんが来た時、怯えて寝室のどこかに隠れていたんだろうなぁ・・。

せっかく新しい家に慣れて来たけど、来週、今度は本格的な引っ越しで飛行機に乗らなければならない。
りりとるーに、再度試練が!!
大丈夫かなぁ・・・。ああ、私の方が不安だ!

070606

« May 2007 | Main | July 2007 »