« オーストリア旅行(1) | Main | オーストリア旅行(3)レストランwith犬 »

Aug 22, 2008

オーストリア旅行(2)ホテルwith犬

スイスもオーストリアも、大抵のホテルはペット可のような気がする。
去年スイス国内を旅行し、突然入ったホテルでもペットは空気のような存在でOKだった。

りりがかなり音に敏感な迷惑犬なので、静かな部屋、環境などをネットで調べて予約をした。
静かな部屋だと、りりも全く吠えない。

17日(日):ザルツブルグ
Hotel Gabi
住所:Steinerstrasse 1, Salzburg-Wals,5071
ザルツブルク空港のすぐ近く。かなり田舎で周りに何も無い。住宅地の中にある。
到着日は日曜日だったのでホテル内のレストランは休み。
夕食は近くにあったパンダ・レストラン(中華)に行った。
部屋は清潔で奇麗。バスなし、シャワーのみ。
ベッドは低反発マット(かな?)な感じでちょっと安物っぽいけど問題無し。
静かな部屋だったのでりりは全く吠えずにぐっすり寝る事が出来た。
チェックアウト時、犬の存在を忘れていたらしくこちらが申告しなければ犬料金を加算しなかった。
犬料金は6フラン。犬種か大きさによって料金に違いがあるかもしれない。

18日(月)〜19日(火):ウィーン
Grand Hotel Wien
住所:Kärntner Ring 9, A-1010 Wien
先進国においては人生初かもしれない(?)5つ星ホテル!!
観光時にはりりを車の中に入れてお留守番させようと目論んでいたけど、当日の気温が26〜7度と高くなり、また駐車場が地下にありボイラー等の影響で地下でも温度が高くなるために計画は断念・・。

080818

さすがに良いお部屋で、奇麗で清潔なことはもちろん、とても静かで大満足だった。りりも大人しく寝ていた。
全てにおいて不満無し。
あ、いや、不満部分を思い出した。
たぶんこのくらいのことは他の人は気にならない事かもしれないけど。。
照明やホテル内サービス等、電話で全てのコントロールが出来る様になっていて、たまに電話が「フニフニフニ」と動き出すことがあり(ベルが鳴る訳ではない)、私はこれが気になって夜中に3度も目が覚めた。
また、間違い電話が2回、無言電話が1回あって気持ち悪かった。

ただ、ふと思ったのが、5つ星でそこそこの価格&普通の部屋だったら、4つ星スイートにした方がよくないか?!ということ。
値段も似た様なものだったら、4つ星のスイートの方がいいじゃないすか?!(根っからの貧乏人根性・・)


20日(水):ザルツブルグ
Hotel-Annex Der Salzburger Hof

Annex(新館)とDer Salzburger Hof(旧館)の2つが合体しているホテルらしい。
私たちが泊まったのは旧館のDer Salzburger Hof、3階の端っこ。
今回泊まった3つのホテルのうち、一番ダメな部屋だった。
最初に部屋に入った時のイメージが「場末の安ホテル」。
そしてツトム犬が「臭い!臭い!なんかドブのような・・カビのような・・臭いよ!ここ!!」と騒ぎ出した。
しかし私には洗剤の臭いとしか思えなく、「別に臭くないよ?洗剤だよ。良い部屋じゃん」とトボケたことを言っていた。
あとで私も「・・臭い」と思ったけどそれはかなり後で。(もう寝る前くらいに突然、鼻に来た)
なぜか入り口付近の絨毯の一部が常に濡れていて、そこが腐っていたらしい。

そして、わざわざ「with Air Conditioning」の部屋を取っていたのに、エアコンは壊れていた・・。

窓を閉めてシャッターをキッチリ降ろすと外の喧噪が聞こえなくなることと、寝室とバスルーム等の間にもドアがあり、廊下の音が聞こえないのは良いんだけど、お隣か下の部屋の声と物音はよく聞こえた。
りりにとっては臭いよりも静かさの方が重要なので、とりあえず静かさについては及第点。(決して満足とは言えない)
朝食は種類が豊富で、味も良かった。朝食は満足。

ツトム犬いわく「天国(5つ星ホテル)から地獄とはこのことだ!!!(怒)」。
同じ4つ星でも最初に泊まったHotel Gabiの方が全然良かった!と鼻息が荒かった。


りりは3つのホテルに泊まったけど、吠えずに大人しく過ごせた。
たぶん端から見たら忠犬のように良い子に見えたはず。ふふ・・。
やはり経験を積み重ねるのみ?!

« オーストリア旅行(1) | Main | オーストリア旅行(3)レストランwith犬 »

ペット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事