« オーストリア旅行(3)レストランwith犬 | Main | 最近ハマっているネイル »

Aug 24, 2008

オーストリア旅行(4)犬連れ旅行総括

急に決まった旅行で、全く計画性無しでりりを連れて行こうってんだから最初から無理はあった。
もしも20度以下の涼しい日だったら、車の中にりりを置いて人間だけで観光に行こうと思っていたけど、26〜7度の日が続いたのでそれは無理だった。

0808231

結局、ウィーンではリンク内外の散策、アウガルテン工房の周りを散策、ウィーンの森でベートーベンの家とその付近を散策、そして荒技、午前中はりりを連れ回して疲れさせ、午後はホテルの部屋に大好物の豚耳と一緒にお留守番をさせて2時間でシシィミュージアムを速攻で廻って終了した。
目論見通り、りりはグースカとホテルの部屋で寝ていた。(静かなホテルならでは..)
もうちょっとゆっくり出来たかもしれなかったけど、りりが気になって2時間で帰って来た。
ウィーンはシシィミュージアムだけが唯一内部に入った博物館。

超目玉のシェーンブルン宮殿は、敷地内に入る事も出来なかった。
門番のおじさんに犬禁止マークの看板を指差されて「No Dog!」と言われた。
ツトム犬と交代で、とりあえずはシェーンブルン宮殿の土を踏んで来た。
0808232

ここで変な集団を目撃。
音楽を鳴らし、3人の上半身裸のインド人っぽい男性とエロいダンスをしているピンクのドレスの女性が人に囲まれていた。中国人の女の子なんて、ど真ん中に立ってお父さんに記念撮影してもらってる。。
何かのパフォーマンスかと思いきや、プロモーションビデオの撮影だったらしい。
音楽に合わせてピンクドレスの女性がクチパクしていた。

0808233


ザルツグルクも推して知るべし。
ここも目玉のホーエンザルツブルク城は外はOKだけど中はダメだった。
とりあえずホーエンザルツブルク城までへは犬と一緒に行く事ができる。
城までのケーブルカーは、口輪をすれば犬の同乗OKだった。
何かの時のために口輪を常に持参していたので、これはクリア。
しかしりりは口輪に慣れていなかったので、嫌がって往生した。
他にも犬連れの人が居て、城の内部に入る手前の階段脇に犬のリードを縛って置いていた。
子供達がその犬に群がってちょっかい出していたけど、犬は全く動じず!!
こんな犬だったらうちも置いておけるんだけどねぇ・・・りりは無理だ!絶対吠える!絶対攻撃する!!子供が天敵だから。

ホーエンザルツブルクの見晴らしの良いレストランで、犬が好きで好きで堪らないという笑顔のお兄さんがりりに近づいて来た。
連れの女性が後ろであきれ顔で見ている。
どこの国の人か分からないけど、私たちに何か言いたそうな表情で、でも無言で満面の笑みでりりに触っていた。
こう言っちゃ悪いけど、怪しい人だとりりは確実に吠えるし逃げる。
でもこの人には大人しく撫でられるままだった。目と目で交流していたっぽい雰囲気。
普通、見知らぬ外人が連れてる犬なんて知らんぷりすると思うけど、よっぽど触りたくて抗いがたい衝動に駆られたんだね、このお兄さん・・。

観光らしい観光はほとんど出来なかったけど、そこそこ買い物も出来て、海外旅行とやらも出来て、りりも大人しくて、まーまーの旅だった。
だけどやっぱり犬はペットホテルに預けて旅行したいなぁ〜〜。
ペットホテル、なかなか取れないんだよぉ〜sweat02sweat02
りりと一緒だったらアルプス・トレッキング旅行とかじゃないとダメだと実感。

« オーストリア旅行(3)レストランwith犬 | Main | 最近ハマっているネイル »

ペット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事