« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

Jun 26, 2009

パスタマシンで餃子の皮を作る

本当に必要なのか?と悩みに悩んだ末に購入したパスタマシン。
買ったものの、数ヶ月間放置していた(^_^;;

使ってみたら「なんでもっと早く使わなかったんだ!」と後悔するくらいの便利グッズだった。
0906263

今回は餃子の皮を手作り。

材料:
Weissmehl:200g
ぬるま湯:100ml
塩:3g
鶏ガラスープの素:小さじ1(あれば。なくても構わない)
打ち粉:小麦粉か片栗粉かコーンスターチ。小麦粉やコーンスターチの方が安価で手に入れやすいので豪勢に使えるw

7〜8cmの円形の型

使用パスタマシン:ATLAS 150(グローブスにて購入。75CHFだったかな?)
0906264


小麦粉は、Migrosやcoopで売ってる普通のWeissmehlを使用。
型はスコーン用の直径6cmのものを使用。(でももう一回り大きい型の方が良かった。市販の餃子の皮は7〜8cmだと思う)
この材料で、2人分で十分すぎる量が出来る。出来た餃子を数えるのを忘れていたけど、多分40個は作って、まだ生地が残っていた。(型が多少小さかったというのもある)

生地を捏ねて数十分寝かせ、パスタマシンで最初にメモり2で延ばし、次に5、最後に7で延ばした。
生地がくっ付かないよう、延ばす度に打ち粉を生地にふる。(今回私は打ち粉は小麦粉を使用。餡を中に入れて餃子に形成したあとに片栗粉を上からふった)
型抜きした後の残りの生地は、まとめてまたパスタマシンで延ばして型抜きして・・と繰り返し使用。

レシピ、作り方の詳細は「パスタマシン 餃子」で検索すると色々と出てくるのでそちらを参考にして下さい。

生地を手でこねるのが面倒だったので、ブレッドメーカーに任せてみたら全然ダメで、水をどんどん追加したら柔らかすぎて失敗。
餃子の皮は固めの生地なので、最初から手で捏ねた方がよかった・・。
そんな訳で、作り直して2回めで成功。
餃子を作ろうと思い至ってから食べることが出来るまで、4時間かかった( ̄Д ̄;;

0906261


0906262


私の食べ物の写真は全然美味しそうじゃないんだけど・・でも美味しかった!!
なんだ。これで餃子、全然OKじゃないですか。
すごいな、パスタマシン!

Jun 25, 2009

スズメバチ

りりが突然吠えだし、るーがロックオン状態で暖炉を見つめていた。
今までに一度も使ったことのない暖炉。
なんと、暖炉の中(ガラス扉の向こう)でスズメバチがブンブン飛んでいた・・wobbly

090625


煙突を伝って下りて来て、暖炉の中に入って出られなくなったらしい。
以前家の窓下に巣を作られたことはあったけど、あれはキイロスズメバチで小さいサイズだった。
今回のはかなりでかい!
本物のスズメバチ?!
怖いので扉をガムテープで押さえて完全密封。
可哀想だけど、出して逃がしてあげることが出来ない。。

Jun 24, 2009

おはようスパンク

撮り溜めしていた写真を整理していたらこんなんが出てきました。

今年はじめの冬のバーゲン時のアウトレットショップ。
ウインドウにこちら側が映り込んでちょっと見にくいけど、このマネキンを見たとき「えええっcoldsweats02!?」となってしまった。
090624


イタリア系ファッションブランドを扱ってるお店なんだけど、なんでスパンクのセーター?!
なんで今時?!
まさかスイスで「おはよう!スパンク」に出会えるとは思いもよらなんだ。

Jun 23, 2009

りり10歳の誕生日

0906231



りり、10歳の誕生日。

私と関わった生き物の中で、一番長いおつきあいとなる。

今まで、兄が飼っていた文鳥とジュウシマツは1年くらい、私の初めてのペットであるヒヨコは1日、夜祭りで取った金魚は3ヶ月、親戚にもらったセキセイインコは一夏でいなくなった・・。(セキセイインコは鳥かごの屋根部分がすっぽ抜けて、逃げてしまった)

いやぁ、すごい。今までで一番長く一緒にいる動物だわ。
りりもるーも、長生きしてねー。

090623

Jun 15, 2009

裸で自転車

先週末に行った久しぶりのロンドン。
お気に入りだったヘアサロンに予約を入れてその時間になるまでジャパセンで時間をつぶした。
ジャパセン、いつの間にか大きく広くなっちゃって〜!
隣に拡張したとは知らないで、以前のビルの地下に行って「あれっ?食料品売り場が無いっ!?つぶれた?」と少々パニクった(^_^;

ジャパセンから出ると、通りに人だかり。みんなカメラを構えてキャッキャとはしゃいでいた。

なんと〜。
ちょうどいい具合に裸自転車のパレードが!
あとで調べたら「WORLD NAKED BIKE RIDE 2009」という催し物だった。

全員が裸というわけではなく、普通に洋服を着ている人、パンツのみの人、体にペインティングして目立っている人、等々。


0906151


↓メリディアンの前で記念撮影している裸のおっさんも。
0906152

日本ではなんとか条例に引っかかって絶対に出来ない貴重なパレードを、たまたまとはいえ生で見ることが出来てラッキーだった!!
そして面白いのが、パレードを見てる人が皆笑顔で楽しそう。

ツトム犬とは別行動だったので、あとでこのことを話したらかな〜り悔しがっていた。
でもみんな裸と言っても奇麗なものじゃないし(^_^;、エロくもないんだけど・・。

Jun 14, 2009

2日間閉じ込められていた!

土日に一泊2日でロンドンに行って来た。
土曜日の朝に出て、帰って来たのは日曜日の夜。

りりは金曜日にペット施設に預け、りりが居ないいつもと違う日常で不穏な空気を察したるーは私に近づかなくなりこちらの動向を離れた場所から丸い目で伺ってた。

土曜日の朝、出発間際にはるーがどこに居るのか分からなくなったけど、たぶんいつものようにどこかに隠れているんだろうと思い(スーツケースを持って外出する時には、るーは逃げてどこかに隠れてしまう)、「るーちゃん、夜が1回過ぎたら帰ってくるからねー!」と言って玄関のドアを閉めた。

そして次の日の日曜日。
帰って来ても、るーの出迎えがない?!
「るーちゃん!帰って来たよー!?どこー?!」と声をかける確かにどこかで「ニャー・・」と鳴いている。
外にいるのかと思い、窓を開けてもどこにもいない。
ツトム犬が「たしかに声がする・・・あれっ?」と寝室の方へ行くと、いました。洗面所のクローゼットの中に・・・・。

その洗面所、主にツトム犬が使っていて、クローゼットのドアを開けるとるーが必ずと言っていいほど入ってくる場所。
それなのに、なんで確認して閉めないかなぁ〜〜〜〜?!
しかも旅行前なのに!

丸2日間を狭いクローゼットの中に閉じ込められていた、るー。
飲まず食わずで、糞尿もしていなかった。
無事に出て来た後は、私に擦り寄ってニャーニャー鳴いて甘えるばかり。
先に水を飲んだりトイレに行けばいいのに・・・。
今回の旅行がたった1泊で助かった。
これが日本に一時帰国していた時だったら、と思うと身がすくむ。

なんだかもう〜〜。
るーの不幸は、私たちが飼い主だと言うことだわ。。(T_T)

Jun 11, 2009

13兆円

イタリアからスイスに持ち込まれそうとした13兆円証券事件。
犯人は日本人となっているようだけど、国籍を含め事実関係を調査中とのこと。

ふと、自称・蜂谷親子も2人で日本人と名乗って行動していたなぁ・・と思ってみたり。

普通、電車内で検札はするけど、なんで財務警察官が乗っていて人の手荷物を調べるの?
密告があったのかな??

この事件の犯人が日本人でも日本人じゃなくても、もしかしたら今後は(今までも?)日系か中国系かその辺の人種だと国境越えの時に呼び止められる確率が高くなるかもしれない。
迷惑な話です。
日本とスイスが経済連携協定を結んだことによって滞在許可証の人数制限が無くなり(発効済みかは知らない(^_^;)日本人にとってはスイスにアクセスしやすい環境になってきたのに、ここで日本人(自称日本人含む)が犯罪を犯したら日瑞関係に水を差してしまうんじゃあ・・・!?
と、私が心配しても仕方がないか。

もしかしたら今頃、以前見た某事件のドラマの高島政伸みたいに、ミラノの総領事館の人は走り回ってるのかな。。

Jun 08, 2009

ペット輸送準備 3

1 .マイクロチップ装着 (→2004年3月済)
2 .狂犬病予防注射  (→2008年8月済)
3 .狂犬病の抗体価の確認(→2008年9月済)
4 .抗体保有後の輸送前待機(→今ここ)
5.事前届け書の提出
6.届出受理書<
7.出国前の臨床検査
8.輸出国政府機関発行の証明書の取得


書くのを忘れていましたが、もう随分前に(去年9月に)りりとるーの狂犬病抗体値をクリアしているという書類を入手。
すべての手配は動物病院で行ってくれた。

抗体価の検査結果は採血日から2年間有効とのことなので(動物検疫所サイトより)、この書類は2010年8月中旬まで有効。

来年の夏までに日本に帰らなければ・・!
りりももう10歳だし。
私としてはまだまだこの国にいたいけど、新型インフルエンザとか心配なことが色々とあるので、りりたちのためにも出来れば今年中には帰国したい。


Jun 07, 2009

甘えん坊

ツトム犬がPCの前に座ると、高い確率でるーが机の上で横たわる。
書類の上に寝転び、キーボードを枕にしてゴロンチョ。
090607


「邪魔だよ〜どいて〜」とツトム犬が言うも、るーちゃん完全無視。
揺すっても体を押しのけても、ここで寝ると決めたら全く動かない。
ツトム犬は「嫌がらせだ!」と言うけど、ただの甘えん坊にしか見えないんだけど・・

Jun 06, 2009

レッドブル

今話題(?)のレッドブル。
以前から普通にスーパーに置いてあったと思うけど、なんで最近になって販売禁止なんて話に?
しかもヤバい物が入ってるなんて聞いたら興味を持ってしまうでないの。
スイス製はどうなんでしょうか。
でも飲んでもフツーだよ?
090606


Jun 05, 2009

ダニその2

5月の初めに今年初のダニをりりの背中に発見して以来、なんと5月中だけで4匹目のダニを発見・・!!!
しかもヤツめ、血を自分の限界まで吸って体がパンパンで床に転がり落ちやがった!!

1匹目を発見して以来、ノミ・ダニ取りシャンプーでりりを洗い、毎日体をチェックして新たにダニが付いていないか毛を掻き分けて見ていたのに、それでもいつの間にかくっ付いている。
あんなに大きくなったダニがいたら手で毛を触っても分かるはずなのに・・なんで分からなかったのか、発見出来なかったのか、もう本当にショック。

5月半ばに獣医さんのところで貰ったフロントラインみたいな薬品のお陰で、今では全くダニが付かなくなった。
普通に家の近くをお散歩しているだけなのにな〜。
今年はダニの大発生年??!

Jun 04, 2009

リギ山ウォーキングで筋肉痛

晴れた土日にはりりと一緒にスイス国内を歩いている。
先日は、近いのにまだ行っていなかったリギへ。

Vitznau(フィッツナウ)まで車で行き、そこからRigi-Kulmまで登山列車で上がる。
ヨーロッパ初の歯車式登山鉄道とのこと。
もちろんりりも乗ることができる。
人間がHalb taxを持っているためか、犬料金は通常料金の1/4だった。(たぶん小型犬は無料。カウンターの人が犬のサイズを確認していた)
090602
りりはヒドいワガママ犬だけど、電車内では大人しい。
随分電車にも慣れてきた。


山頂の終点に到着すると雲にすっぽりと覆われていて、周りが全く見えない。
到着した電車すら見えない状態だった。
0906022




SL型列車。
0906023




下山を開始して一時間ほどすると晴れて美しい景色が広がった。
・・しかし足下は石ころだらけで足下が危なっかしく、せっかくの景色も見る余裕が無くて足下ばかりを見ていた!
0906024



道のすぐ近くに立派な角を持つヤギがいてちょっと怖かった。
りりは牛やヤギ等の動物に吠える時があるので、吠えないように注意しつつ家畜の横を通る。
0906025



石がゴロゴロしてるので転ばないように気をつけていたのに、疲れからか足が滑って尻餅をついてしまった。
しばらくそのまま道ばたで休んでいるとりりも一緒にへたり込む。

そしてりりの「歩くのヤだ!」という無言のボイコットが始まった。
0906026


歩き始めて3時間ほど経った頃だろうか。
私たちの遥か後方をトボトボ歩き、何度も何度も立ち止まる。
こちらの姿が見えなくなると慌てて追いかけてくる。
犬も石の道は歩きにくいため、草のある部分を選んでいた。
りりの視線が背中に痛いほど突き刺さっていたけど、悪いけどりりを抱っこしての下山はどう考えても無理。重すぎる。

0906027



歩かなくなったりりに声をかけ、励まし、なんとか地上まで下りることが出来た。
所要時間、5時間以上・・。
こんなに歩いたのは始めてだった。
こんなに疲れたのも初めて。
犬も疲れて動けなくなるほど・・ほんと、ごめん、りり。

帰りの車の中では瀕死のパトラッシュ状態。
0906028


次の日、今までに経験をしたことのないほどの強烈な筋肉痛が襲い、3日間ギクシャク歩きになった。
今ではリギ山と聞くと、ツトム犬も同じで「あれは辛かったぁ・・!」と辛さしか思い出せないsweat02

Jun 01, 2009

猫忌避剤??

今住んでいる家は3階建て(日本の4階建て)テラスハウスの3階部分。
るーは外に出していない。外といってもせいぜいテラスで遊ぶくらい。本人は地上に降りれなくてかなり不満げ。
足場がないので地上には下りることは出来ない・・・はずだけど、階下で飼われている猫がうちのテラスに遊びに来ているのでどこかに猫用階段があるのかもしれない。

るーが同じ階の、植木で仕切られているお隣のテラスへたまに偵察に行っているのは知っていたけど、トイレは大も小もちゃんと自宅の中でしているし、他の猫5〜6匹が常にそこら辺を徘徊しているので私も特に気にすること無くるーを放ったらかしにしていた。

ところがところが。
お昼頃。
るーがドドドッと走ってテラスから家の中に入って来たときの足さばきがおかしくて、後ろ足を確認すると足に粘着物が付いていた。
毛に絡み付いている水飴みたいな物?を手で取ろうとしてもなかなか取れない。
臭いを嗅ぐと柑橘系の臭い。レモンか何か。
粘着物が付いた手を石けんで洗っても全然落ちない!指がニチャニチャするような違和感。何これ??!!

るーは足(肉級部分)を触られるの嫌がって逃げ回り、数時間かかって自分の口で粘着物をはぎ取っていた。

柑橘系の臭いがしたので、もしかしたら猫用の忌避剤なのかな〜?と気になった。
お隣のお婆さんとは挨拶する程度だけど、こちらにムカついているような様子はこれっぽっちもないし、クレームも一度も言われたことはないので良好な関係だと思っていたんだけど。
いやいや、お隣さんがやったとも、これが猫の忌避剤だとも限らない。

でも・・お隣との境目にネットを張るか壁を作ったほうがいいんだろうか。。モヤモヤ。

« May 2009 | Main | July 2009 »