« 近所の猫 | Main | 仲良しの猫 »

Jul 20, 2014

襲われそうになって

近所を散歩中に、横の家の門が開き、出てきたノーリードの2頭のボーダーコリーに襲われて固まってしまった。
注意して歩いていたはずだったのに、門が開いて犬と10歳ほどの子供に目ががあって立ち止まったものの、子供が門を閉めないし何もしないから、リードが付いてるとか犬は外に出ないとか、勝手に安全だと判断して再度歩き始めてしまった。
勝手に思い込まないで、もっと注意すべきだった。

相手は明らかに噛む気満々で道路に出て来て、ららが逃げまくり。
噛むのが空振りしていたから助かったものの、噛まれてたらどうなっていたかと最悪の状況を想像して青くなってしまった。
ドスの効いた声で「No!」と一喝すると、相手が大人しくなり、更に私の張り上げた声を聞きつけたのか、家から父親が出て来て、門を開けた子供に「気をつけるように」と落ち着いた態度で言っていた。
が、親、こっちを見もしないし謝る気配もない。
脳天がシビれたね。
これだから金持ち系の白人は嫌いだ!
豪邸エリアで、頑張れベアーズみたいな子供だったから、アメリカ人か?!
犬は悪くないんだよ。悪いのは不注意な人間。
でもエステートの管理人にチクってやる!

« 近所の猫 | Main | 仲良しの猫 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 近所の猫 | Main | 仲良しの猫 »