« July 2014 | Main | October 2014 »

September 2014

Sep 23, 2014

南ア、結構高いで?!

ヨハネスブルクって、南アフリカって、アフリカだから色々と物価も家賃も安いと思ったら甘いわ〜。
私自身、安いだろうと思っていたし、正直なめてた。

だけどインフレで、食料品、家賃、全ての値段が年々10%ずつ上昇。
スーパーに行って「これ安い」と思った事はほとんどない。日本とほとんど変わらないというか。本当に安いのは、一部の、南ア産のフルーツ類くらい。
外食はそこそこ安いけど、激安という訳でもない。日本の外食でも東京価格(大都市価格?)と田舎価格があるけど、日本の田舎価格くらいの感覚。
もしかしたら、南ア人と同じ食生活だと納得の価格なのかもしれないけど、そんな訳にはいかんわ!

紙の質については、日本がおかしいくらいに高品質で低価格。
紙製品は南アの方が確実に高く、これだけでも泣ける。消耗品なのに。
ペット用シートは日本に比べると何倍も高く(計算したら5〜6倍くらいだったかな?)、日本で購入していたユニチャームのデオシートレギューラー96枚入り1200円程が激安なんだと思い知った。
少なくとも一年分のシートを持って来ていて助かった…。
日本では湯水のようペットにシートを使っていたけど、今ではおしっこで汚れた部分だけ切り取ってチマチマと貧乏臭く使っています。。
一年分のつもりで持って来たペットシートだけど、ケチケチ作戦でもしかしたらなんとか2年は使えそう。。

そしてヨハネスブルグの住宅事情は厳しいと思う。
ほとんどの日本人はクラスターと呼ばれる鉄条網のついた塀に囲まれた住宅地に住み、安全を謳う所は特に値段も高額。
勝手に思っていた、「アフリカ」だから豪邸で家賃も安いだろうなんて考えは吹っ飛んだ。
ヘタすると、東京の一等地か?と思うくらいの賃貸料金。
(注:近所に豪邸群はあるけど、うちは一般住宅エリア)

ららの散歩で豪邸エリアを歩いて「この家凄いな〜。こんな家に住めたらいいなぁ〜」なんて思っていたら、中からカンドゥーラの中東の王様みたいな人がぞろぞろ出て来て、車もピカピカの高級車ばかりで、
こんな家に住めたら良いな、なんて思ったのが身の程知らずすぎて正直スマンカッタ!

しかし、うちは普通の家だというのに、スイスで住んでいた時の家の家賃とそんなに変わらないというのがなんか腹立つ。
毎回家具付き物件(Furnished)で、スイスはアパートで光熱費込み、今回は一軒家で隔週ガーデン&プールサービス込み/光熱費別という差はあれど、家も庭もサイズはこちらの方が狭い。しかも断水・停電が日常茶飯事のこの家で、何故にスイスの家賃とほぼ変わらず?!
頭では、安全性を取った結果の家賃だとは分かっているけれど。なんか愚痴りたくなる。
自分の希望としては、安全性は最重要だけど、室内はもっと狭くていいから、ららが遊べるくらいの広さの庭があって家賃が安いといいんだけど(^_^;

クラスター内は「欧米か?!」な家と風景だけど、一歩外に出るとやっぱり南ア。
道路の信号の前には物乞いや、グラサンや小物を売る黒人さんでいっぱい。こういう南アの黒人さんは一体どんな生活しているんだろう…と私でも心配になる。
コーネリアさんから聞いた話では、南アの経済成長目当てで周辺国から人が流入し安い賃金で仕事を得るため、南ア人自体が仕事にあぶれているというのも原因としてあるようで。日本も今後は人ごとではない話になりそうで怖い。
黒人富裕層も存在し、顔つきも洋服もスタイルも頭もスマートで、道路にいる黒人さんとは全く違う人種に見える。

結論。
2014年9月現在、ヨハネスブルクの物価は思ったより高い。意外に消耗品、食料品、家賃は、一概には言えないが、日本より高いかもしれない。というか、中には高い物もある。
これは私感で(田舎もんの)、人によっては違う感想かもしれないので、念のため。

Sep 09, 2014

結露しまくりの冷蔵庫

今までも海外の冷凍冷蔵庫は結露しまくりで、特に冷凍庫は月に一度は中の物を全部出してカッチカチの氷となった霜をとかして布巾で奇麗に拭き上げるという半日がかりの作業が必要だった。

でも今の冷蔵庫は、普段から水がだだ漏れ。
一日何度拭いても、下部の野菜入れのプラスチックの器が洪水になってるsad
ちゃんと結露用の水の通り道と穴があるのに、凍って道を塞いたり水が収納しきれない量だったりで結局溢れている。
溜まった水は一体どこに行ったのか、水の収納容器が見当たらず、水を捨てることも出来ない。
気づくと床が水でびょちょびちょ。タイル床だから被害はないけど…でも何かヤダ〜。
パッキンを確認したけど、今まで他の冷蔵庫でもそうだったようにフニャフニャ。
問題はパッキンだけではないような気もするけど、とりあえずパッキンを熱湯で修理してみる予定。

オーブンもパッキンのようなゴムが付いているけど、これもフニャフニャで弛んでいる。
なんだかみんなシャッキリしてない。みんなフニャフニャ。

オーブンの設定温度はあって無い様な物で、設定した温度にならない。
先日作った薄焼きクッキーは、設定以上の高温によりあっという間に炭化した。
油断していたのもあるけど、あっという間すぎて、笑えた。
オーブン用の温度計がどこで買えるのか、探すのが面倒だな。

« July 2014 | Main | October 2014 »