« 最悪の座席 | Main | オーブン計 »

Feb 03, 2015

空港で絶対に捕まる

ヨハネスブルグ空港に降りたのは今回で2回目。
毎度毎度 捕まって荷物をチェックされる。

前回は初めて南アに来た時で、
犬を連れた空港職員に捕まり、地べたでスーツケースを開けろと指示され「これは何だ?」と質問攻め。
何をチェックしてるのか聞いたら、肉類と乳製品を持ってないか見ている、とのことだった。(実をいうと、ジップロックに入れたキャットフード&ドッグフードを持っていたけど特に聞かれなかったため知らんぷりしていた)
無事に放免され、次に通り過ぎようとした税関でまた捕まり、さっき犬を連れた男性にスーツケースをチェックされた、と言ってもダメで、また同じ質問攻めに遭ってウンザリ。

今回、またもや捕まり、前回よりももっと細かく持ち物チェックされた。
持ってるバッグ類、お土産袋、全部の中身を見られ、財布の中の現金からレシートまで。
数枚のレシートを出して、「これは何を買った?」と全部説明させられた。
スーツケースとiPad、いくつかの製品は「いつ買った?いくらだった?」と聞かれたけど、はっきり言って値段なんて覚えてない!!
iPadなんて2011年に買ったものなのに、「数年前に買ったにしては綺麗すぎる」とイチャモン付けようとしてくるから汗ダラダラ。

私のiPad、重いんだよ!古いんだよ!
新しいのはもっともっと軽いんだよ!!!!(心の声)

新しいiPad airを買うつもりだったけど、持って帰るのが面倒だと思って買わなかったのが幸いだった。
新旧のiPad2台も持っていたら何を言われていたことやら。
税金だとか何とか、絶対に請求されていただろうと思う。


成田の免税店で何を買ったか聞かれ、説明してもわからない物は包装紙を開けて中身を確認。
スーツケース用の小分けケースも全部開けて中身を出し、都度質問。
下着のパンツも出して「これは何?! …ああ、下着だったのね〜アッハッハ!ごめんなさい!!」と豪快に笑う。
おいannoy

かなりの時間を費やして全ての荷物をチェックされたけど、無罪放免。
なにげに袖の下を要求されるということもなかった。
(もしかしたら要求したかったのかもしれないけど、空気読めてない)

絶妙な位置でスーツケースパンパンに入れていた物を、適当に戻されたもんだから、閉める時にはその空港職員が上から体重かけないと閉まらないくらいだった。

周りを見ると、捕まっているのは全部中国人などの東洋人。
なになに?なにこれ?
これって差別じゃないの?
白人様、誰もいないじゃないのよ!!!

« 最悪の座席 | Main | オーブン計 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 最悪の座席 | Main | オーブン計 »