« 物件情報の写真 | Main | 犬の甲状腺機能低下症の症状・ららの場合 »

Jul 05, 2016

アトピーから甲状腺機能低下症へ診断変更?!

去年から続いているららのカサブタの原因は、甲状腺機能低下症だったようです。
以下、経過のまとめ。

【2015年3月〜9月】
ららの膿皮症
として去年から ららの皮膚に出来ているカサブタについて書いていたけど、抗生物質をもらってしばらくは綺麗に治るものの、またカサブタが出来て、の繰り返し。
皮膚だけに原因があるのではなく、内臓か何かに疾患があるのでは?と思って獣医師に聞いたけどそんなこともないようで、不安に思い続けていた。
一度、糖尿病か何かということはないか?と獣医師に聞いたところ、「糖尿病ではないと思うけどな〜」と言いながら血液検査をしてもらい、糖尿病ではなかった。(その他の病気の可能性はなかったのか、糖尿以外の検査はしていなかった)

【2015年10月〜2016年6月】
2015年10月に別の獣医師(動物の皮膚専門)にかかり、結局アトピー診断を下されてそれからずっとATOPICA(シクロスポリン 1日75mg)という免疫抑制剤を処方されて飲み続けていた。
でも、半年以上この薬を飲み続けても、多少カサブタが出来にくくなったかな?という程度で、2か月に一度は抗生物質を貰わないと皮膚が真っ赤でカサブタも次から次へと出来続ける状態。
ATOPICAを飲んでも飲まなくても以前と同じ?状態な気が…。

【2016年6月】
去年からずっと、ららの皮膚だけでなく色々とおかしいぞと思ってネットを見ていたのに、アレルギーやアトピーだという先入観などで、見ていたページや症状などが目に入っていなかった事に、やっと気づく。

去年から徐々に太り始め、2014年に9キロジャストだった体重が、2016年6月には13.7キロに。
その間、何もしなかったわけではなく、最初に運動/フードの制限はもちろんしたし、フードは1g単位で毎日量っておやつ等余計なものは何もあげていなかったのに、それでも体重は増加した。
太るので、その分フードを減らしていた。でも太った。
怖くて獣医師に相談したけど、運動とフードを減らして、という誰で思いつくしょ〜もないアドバイスだったので、途方に暮れていた。

で、度々「犬 肥満 病気」などのワードでネット検索するも、載っていた犬の写真が、ひどく脱毛して皮膚がまっ黒くなっているものばかりだったので、毎回「ららとは違うな」と思って通り過ぎていた。。

だけど今回は、ららについて今までとは違うちょっとしたことがネット検索で見つかり、やっと「あれ?これって甲状腺機能低下症では?」とネットを見て思い至った。

Central Illinois Sheltie Rescue
Low Thyroid in Shelties


参考になったサイト。
ららの今までの「あれ?おかしい??」と思っていたことが、書いてあったsign03

その他、色々と検索して見まくったので、最初にどのサイトで「これだsign01flair」となったのか、分からなくなってしまった。。
甲状腺線機能低下症というものを知ってからは、検索しまくるとまさしくららの症状すべてに当てはまった。

6月24日(金)
担当の獣医師の予約が取れ、早速「もしかしてアトピーの原因は甲状腺機能低下症から来るものではないか?」と獣医に聞いて、検査してもらった。
T4、コレステロール値、TSHの検査をして、T4は測れないほど低く、コレステロールは高めの普通値。
TSHの結果は後日ということで、この日は、今まで通りのアトピーの薬(ATOPICA 75mg)と、抗生物質(CLAVET )を飲ん欲しいとのことでそれらを処方された。


6月28日(火)
TSHの結果が出て、TSHは高めとのこと。
甲状腺機能低下症との診断が出て、甲状腺機能低下症の薬(ELTROXIN)が処方される。
0.1mg 2錠を朝夕。 1日の合計が0.4mg。 
この日の夜から与える。
先日処方されたアトピーの薬、抗生薬に加え、甲状腺の薬で計3種類になることが不安で、獣医に副作用や飲み合わせなどないか確認するが、これらを全部飲んで欲しいとの回答なので、3週間はこれら3種類の薬を飲ませることになる。
アトピーはアトピー、甲状腺機能低下症は甲状腺機能〜とのことみたい。


6月30日(木)
甲状腺機能低下症の薬を飲ませ始めて3日目。
朝から下痢が2回。


7月3日(日)
朝から昼にかけて下痢に近い軟便が3回。
おしっこが増える。


7月4日(月)
軟便。
明らかにらら用の器の水の減りが早いのと、おしっこの回数が増える。
おしっこ、6回。他、らら用ベッドでおもらし。
確実におかしいので、この日は、朝夕2錠ずつの甲状腺の薬を 夕食時は1錠に減らす。(獣医には聞かないで自分で勝手に減らす)


7月5日(火)
朝のうんち無し。午前中におしっこ3回。
朝の甲状腺の薬を勝手に1錠だけにする。

現在、獣医師に甲状腺の薬(ELTROXIN)の量について確認中。

(つづく)

« 物件情報の写真 | Main | 犬の甲状腺機能低下症の症状・ららの場合 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 物件情報の写真 | Main | 犬の甲状腺機能低下症の症状・ららの場合 »