« アトピーから甲状腺機能低下症へ診断変更?! | Main | 甲状腺機能低下症の薬服用・9日目 »

Jul 06, 2016

犬の甲状腺機能低下症の症状・ららの場合

ネットで見て、様々なページから集めてきた甲状腺機能低下症の症状です。
ららに当てはまる項目にsunを付けています。

【毛】
・胴体の左右対称の痒みがない脱毛
sun毛が薄くなったり、脱毛する
sun毛が荒くなる
sun尾が脱毛する

【皮膚】
sun乾燥してフケが多くなる
sun感染症を繰り返して起こす(外耳炎や皮膚病が治りにくい。慢性化)
sun脂漏症や膿皮症などの皮膚疾患
sun黒ずんだり厚くなる(色素沈着や皮膚の肥厚。お腹の皮膚が黒ずむなど)


【体】
sun動作、反応が鈍い
sun散歩に行きたがらない
sun疲れやすい
sunいつもだるそう
sun寒さに弱くなる
sun体重が増える
sun歩き方がぎこちない/足を突っ張ったような不自然な歩き方をする
・全身がぶよぶよむくんだようになる
・顔のむくみによる悲劇的願望
sun顔が悲しそう
・心拍数と血圧の低下
・発情が止まる

【その他】
sun避妊手術を行っている
sunこの病気にかかりやすい犬種(シェットランドシープドッグ)
・5歳位からの発症、または老犬が多い。 (→ららの皮膚疾患&肥満&気力がなくなったのは3歳の時。)

ららの場合。

【毛】
毛とフケ状になったカサブタが一緒にポロポロ抜けたり取れたりしていたので毛が薄くなっていた。
2016年になって、毛ヅヤがいつの間にかなくなり、バサバサボサボサした感じに。
2016年5月頃、なんとなくお尻の辺りの毛とシッボの毛がシャバシャバに空いた感じになっていることに気づく。
お尻周りはもう少し前から薄くなってたかな。。
以前はもっと立派な尻尾だったはず…と思い、尻尾の毛の脱毛で検索して、甲状腺機能低下症のどこかのページに行き着いた。。

【皮膚】
カサブタができ始めたのが2015年1月くらい。はっきりとカサブタがある、でき続けている、と分かったのが2月。
「こりゃおかしい」と病院に行き始めたのが3月。
皮膚は、病院で膿皮症、アレルギー、アトピーと色々と言われ、背中と腹部の皮膚が特に乾燥してたように見えた。
さめ肌というのか、うろこ状?なような感じ。
常にカサブタができて、それがフケ状にポロポロ落ちていた。
耳は動物病院でマラセチアが出て治療。治療後は家でイヤークリーナーでケアしているのに、毎回病院に行く度にマラセチアが出て薬をもらっていた。
2015年の9月頃、四肢の先から皮膚が徐々に黒ずみ始め、胴体に向かって広がりつつあったが、10月にもらった抗生物質を飲んでいたらなぜか四肢の黒ずみはなくなった。
また、腹部に牛の模様のように黒い模様が薄く出始めた。こちらは治らず今に至る。
2015年10月にアトピー診断。
2016年2月頃までは足先の毛がなくて真っ赤っかだった。(アトピーの薬ATOPICAを飲んでいたためか3月頃にはそれは治ってきた。カサブタは相変わらずでき続けていたけど)


【体】
顔が悲しそうなのは元からなので…
いつの間にか、外に出たがりはするけど、散歩に出るとすぐに座り込み、歩きたがらなくなった。
それでも遊びに誘うと嬉しそうにボールに飛びついていた。
冬は寒いと頑として歩かなかった。(なので暖かい日中に散歩)
夏は夏で暑いので歩きたがらない。日陰でダラーンと寝てしまう。
家の中では、15歳の老猫と同じくらいダラダラして寝ていた。
寝ていると、呼んでも全く起きない。目が覚めない。
たまに死んでいるのかと思うほどピクリとも動かないので、息をしているのを確認したこと複数回。
2014年に9キロジャストだった体重が、2015年3月にカサブタのことで動物病院に行った際には10キロ強になっていたので、フードの量に気を配っていた。
しかし全く体重は減る気配はなし。
獣医にフードを制限しても体重が増え続けると相談したところ、運動とフードを減らすこと、という既に百も承知なアドバイスで途方にくれる。
1日120gだったフードは、2016年6月には90gにまで減らしていたけど体重13.7キロに増加で、さすがに飼い主の不安が最高潮。

太り始めて、歩き方が足を突っ張ったような歩き方になっていた。
「デブだから」と思っていた…。
足先を引きずっているのか、足先が汚れで真っ黒に。
一体いつから足を引きずるようになったのか覚えていないけど、2016年に入ってからのはず。。

覚えているのは、こんな感じかな。
今まで、甲状腺機能低下症だとは全く思っていなかったので、足先が汚れで真っ黒な事も、ドスドスと歩く様も、ダラダラ寝続けているのも、やる気がないのも、全部、デブだから、性格だから、躾が悪かったのかな?とか、各々の事柄が点でしかなかったけど、今ではその点と点が結びついて線となって、「甲状腺機能低下症の症状ズバリでないの!coldsweats02」となった。
動物病院に何度も何度も行ってたのに、先生が教えてくれなければ素人が甲状腺云々だなんて、知らんがなsign01annoypunch

2015年10月にアトピー診断されて、ATOPICA(75mg)を一生、毎日飲むようにと言われてららに飲ませ続けていたけど、半年以上飲ませても、皮膚の状態は変わらずカサブタが出来続ける。
足先が真っ赤で脱毛していたのだけは治った。
お腹は真っ赤になって、酵母や球菌のせいだ、とのことで定期的に抗生物質を処方されていた。

« アトピーから甲状腺機能低下症へ診断変更?! | Main | 甲状腺機能低下症の薬服用・9日目 »

ペット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« アトピーから甲状腺機能低下症へ診断変更?! | Main | 甲状腺機能低下症の薬服用・9日目 »